サメブログ ~夫婦・カップルでゲーム趣味のすすめ~

面白かったゲームの感想やレビュー、紹介など。画面分割での協力プレイなどカップルや夫婦ふたりで楽しめるゲームが多めです。      自由にゲームできる暮らしを目指して資産運用中。実績を公開していきます。

カテゴリ: ゲーム感想

PS4を二台購入してまでふたりでやりたかったAPEX LEGENDSが、10月2日に大型アプデがきました。
ついに、シーズン3開幕!

めちゃめちゃ楽しみにしてました。
さっそく実際にプレイしてみたので感想を。

APEXシーズン3


まずシーズン3での変更点や追加されたものは公式や有名な実況者さんが情報を公開しているので詳細は割愛します。

アプデ前にリークされていた情報からもまたいろいろと違いがあったのでご注意を。

わかりやすかったのはこのへんですかね。

網羅的ではありませんが、動画のほうが内容掴みやすい方はこちらもおすすめ。


シーズン3は面白いのか?微妙なのか?

というわけで、とりあえず1日やってみた感想を中心にざっくり列挙していきます。

個人的な感想としては、
<新マップ>
・マップがかなり広いし開けてる
・高層階の建物が多い
・なので必然的にスナイパー戦になる
・超遠距離射程では実弾だと偏差があるので、エネルギー弾であるチャージライフルが頭ひとつ抜けて強い

・マップが広いのでわりと開幕で接敵する頻度は低い
・カーゴボットとか列車とか溶岩とかキャラクターの会話とか、環境音が多いのでわりと敵の足音が聞こえにくい


<レジェンド>
・最初はみんなクリプト使ってるのでちょっとうるさい笑
・クリプトは確かに強いけど、ウルトのEMPはアーマーにしかダメージ入らない、ドローン操作中はクリプト自身は無防備など、対処できる要素もあるのでバランスとれてると思う
・高層階が多いので建物戦はパスファインダーとオクタンが空中殺法が強かった印象
・クリプト大量発生のいまの環境ではワットソン、コースティックはちょっと厳しいかも
・スナイパー戦が多いのでブラッドハウンドは全然要らない子じゃない笑
・ライフラインはアルティメット促進剤の数が減ったものの1回の使用で35%増なのでケアパケ呼び放題。また金アーマー着ると回復めちゃ早いので相対的にかなり強くなったと思ってます


<武器>
・武器は好みもあるので一概にはいえませんがいろいろ使ってみた感触としては、ダブルタップのG7スカウト、EVE8が凶悪的に強いです
・強武器だったR99は弱体化入りましたがあまり影響は感じず、依然として近距離最強
・チャージライフル追加の影響でマップ上にエネルギーアモが大量にあるので、ディボーションもこれまでのような弾切れの心配なく中近距離で心強い武器になりました


とまあ、結論として個人的にはとても面白いと思います!いままでのキングスキャニオンも慣れ親しんで良かったですが、やはり新マップはわくわくします。

ちなみに嫁さんの感想は、

・私みたいに後ろでコソコソ戦うプレイヤーにとってクリプトは支援もできて楽しい
・マップがカラフルで綺麗
・マップが広い
・建物の登り方がわからない
・チャージライフル怖い

だそうです。

まあみんな言ってますが、確かにマップは広いですね笑

これからまたいろいろとアプデ入ると思いますが、APEX LEGENDSまだまだ楽しみます!

待望のボーダーランズ3が9月13日に発売されました!!

もちろん我が家はスーパーデラックス版を事前予約購入。シーズンパスってどんな感じなのか今から楽しみです。
(でも冷静に考えると13000円って高すぎないか笑)

嫁さんとドハマりしたプリシークエル、ボーダーランズ2から「ボーダーランズ3出ないかなー」と待ち望んでいたので本当にわくわくしてました。

というわけで、この三連休は当然ボーダーランズ合宿!すでに30レベルまでやり込んでしまった。

まだ購入してない方向けに、極力ネタバレなしでざっくりの実際にプレイしてみた感想を。

ちなみに私はセイレーンのアマーラ、嫁さんはビーストマスターのフラックを選びました。もちろんほかのキャラで2周目もやると思いますが笑


ボダラン3


【とりあえず3日間やってみての感想は?】


もう最高ですよ!時間を忘れてプレイしてしまいます。

嬉しいのは、前作以前とほぼシステム的な変更はなく、操作性や画面の見やすさが大幅に改善されていること。

特に操作性はめちゃくちゃ良くなってて、かなりヌルヌル動きます。APEXに近い感じかな。そのおかげで敵陣に突っ込んでのヒャッハー!!的な暴れ戦闘がとにかく楽しいです。

というのも、ボーダーランズの敵ってわりと遠くからも撃って当ててくるし、しっかり障害物に隠れて撃ってくるんですよね。なので、敵陣に進もうにも苦労することが多く、前作とかはスナイパーで敵を減らしてからではないと普通に突っ込むと倒されてました。

(ボダランはデスしても近くのポイントから復活し、所持金の1割が減るだけなのでそんなにペナルティありません。死にゲーです笑)

今作は操作性が良く、四方八方から撃たれないように立ち回りさえ意識すれば前線でも弾を避けつつ戦えるようになった印象です。

アマーラでガンガン近接近距離戦闘するのまさにボダラン!って感じで本当に楽しい!

あとはボダランは世界観がカオス(だがそれが醍醐味)なのでけっこう敵が見えにくかったのですが、そこらへんもわりと見やすくなった印象を受けました。

【シリーズ前作からの変更点は?】

操作性など以外では細かい点ですが、

・SDU=武器弾薬やバックパックの上限をあげるのがエリジウムではなくお金に
・エリジウムを使ってスキンなどを変えられる
・宇宙空間ではないので酸素管理なし
・グラインダーはなし
・エレメンタル属性にレディエーション(放射能)が新たに追加。周りの敵にも継続ダメージ効果あり。※もしかしたら前作にもあったかも?あんま属性武器使わないので…
・近接攻撃やスライディングの強化MOD

あたりが追加、変更された点です。
(いまのところは)

あ、スロットは今作も健在です!笑

【画面分割協力プレイ(オフライン)の注意点は?】


さて画面分割プレイですが、かなり気になる問題があります。

ひとりのプレイヤーがキャラクターメニューを開いたりショップメニューを開くと、もうひとりの画面にめちゃくちゃラグが発生します。(画面がカクカクしたり重くなったりする)
※我が家だけかも?情報求む!

なので、戦闘中に気軽にメニューを開けません。戦局に応じてささっと武器を変えるわけにはいかないので、武器選定ミスるとけっこうストレスたまるかもしれません。

とはいえ、先述したように操作性が向上してるので、今作はどんな武器でもわりと撃ちまくっていればゴリ押しでなんとかいける場面も多いので個人的には気になりませんでした。

どんどん銃を拾って、これ微妙だなーとか言いながら自分のお気に入りを探すのがハクスラの醍醐味ですしね。

【協力オンラインプレイはどんな感じ?】
まだオンラインプレイはやっていないので、もう少しやり込んだらまた記事を書きたいと思います!

最近APEXにハマってます。

正直ひとりでやったときは微妙だと思ってたんですが、
嫁さんとふたりで始めてからかなりハマってます。
(PS4を2台買ったので)

やっぱりこういうFPSバトロワはひとりで黙々とやってても飽きちゃうんですよね。
ビールでも飲んで、ボイスチャットをしながらわいわいやるに限ります。

そういう意味でひとつだけAPEXが惜しいと思うのは、
R1ボタン(=いろいろ指示だしができる)が便利すぎて、
ボイスチャットしなくても意思疎通ができちゃうところ

そもそもボイスチャット公開にしている人は少ないとは思いますが、BO4のブラックアウトと比べると、APEXで全然フレンドが増えません。

意思疎通が大事なので、ブラックアウトではわりと公開VCで交流してくれる人がいたんですよね。
惜しいところまでいって、もう一回リベンジいきませんかー?みたいな感じで。

というわけで、ぜひAPEX一緒にやってくれる方はメッセージください。
3人で遊びましょう。


あとシーズン2になってエラーがひどいんですが、
まあこのクオリティのゲームを無料でプレイできるんだから多少は我慢しましょう。

あ、ちなみに噂通り、けっこう民度低い気はしますね。
ひとりで敵陣に突っ込んで、ダウンした瞬間抜けたりは日常茶飯事です笑
(ちなみにダウンした仲間は救助できるし、確キルされても、リスポーンさせることもできる)

【総合おすすめ度】 3 (TPSゲームとしては普通に楽しめる)
【嫁のおすすめ度】 3 (ちょっと爽快感がもの足りないかな?)
【ふたりで楽しめる度】 5 (やはりオフライン画面分割できるのは特筆すべき)
【難易度】やや高め (難易度設定可能なので難しければeasyで)

EDF

購入しました!
「EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN」

やはりEDF隊員たるもの、、、ということで悩んだ末に購入しました。6月10日の時点で、3000円くらいのお手頃価格に下がっているので失敗してもいっか、という気持ちで笑

オフラインでの画面分割、ふたり協力プレイ可能です。
感想としては、嫁さんと一緒に楽しめてます。
ちなみにいまステージ30くらい。

シンプルシリーズの地球防衛軍のナンバリングタイトルとは異なり、外伝的な位置づけ。
結論からいうと、まったく別ゲーと考えたほうがよいと思います。

シリーズとしては、PS3の「EARTH DEFENSE FORCE: INSECT ARMAGEDDON」の続編です。

ではプレイの感想を。

巷では酷評されているが、買うべき?

このゲーム、実はアマゾンのレビューで酷評されています。

悪い声の例を挙げると、
①戦闘に爽快感がなくもっさりしてる
②武器を買うのにいちいちお金が必要で、いろいろな武器を試す楽しさがない

などなど。
確かに地球防衛軍シリーズと比べると見劣りする部分があるのですが、ここらへんはわりと一長一短で、

①全体的に敵が固く、たしかに戦闘の爽快感はないが、だからこそ攻略しがいがあるともいえる。巨大生物や敵ロボットがアサルトライフルフルマガジン撃っても全然倒せない絶望感とかリアルだし、作戦や武器選びを考えてクリアするのは結構楽しい。

②武器やアーマーをいちいち買う必要があるのは大変だが、アーマー集めやウェポン集めの手間がないのは個人的にはアリ。アーマーやウェポン回収のために1ステージが長引きがちだったし、ステージクリア報酬狙いで、速攻ステージをクリアしにいくということも狙えて作業ゲー化しにくい。

といった感じで、地球防衛軍とは別ゲームと思ってプレイすると楽しめるはず。

結論。
個人的な意見として、夫婦やカップルでプレイするのであれば、

決して買って損はない!!
※ただし、3000円という価格帯でなら。さすがに10000円だと釣り合わないかも。

オフラインでふたり協力プレイ(画面分割)できるゲームはそもそも少ないですし、そのなかでは十分楽しめる部類に入ると思います。


地球防衛軍が神ゲーすぎるので、それを期待してプレイするとがっがりするかもしれませんが、TPSのアクションゲームとしては良作といえます。

地球防衛軍シリーズとの大きな違い


というわけで、そもそも比べること自体が不毛なんですが、一応ざっと地球防衛軍のナンバリングタイトルとの違いを挙げると、

・アーマーやウェポンがない。お金や新しい武器はステージクリア報酬で、増える武器はランダム。もちろん高難易度であればあるほど、増える武器のランクも高い。新しい武器をアンロックするには、お金とジェム(敵からもらえるエネルギーみたいなもの)がいる。ジェムは3種類ある。アーマー値を増やすにもお金が必要。

・ウィングダイバーやレンジャーといった兵種がない。が、ほぼ同じような要素はあり、PAギアという装備によって戦闘の兵種を変えられる。つまり兵種ごとの専用武器はなく、どのPAギアでも一度アンロックした武器は使える。もちろんアーマー値も共通。

・キャラメイクが可能。ただし、つくれるパーツはめっちゃ少ない。お気持ち程度。服装やアクセサリーもあり、プレイしていくと増える。

・変更点としては、今作は携行アイテムを出撃時にセットできます。回復アイテムや蘇生アイテム、ハンドグレネード、ビークル、航空支援などはすべてこの枠。PAギアによって携行できるアイテム数は異なる。ただし、これらを使用するとステージクリア時の報酬が減る。(微々たる金額なので個人的には気にならなかった)

・細かい点としては、仲間が何もしない、倒した敵がなかなか消えずに邪魔、叫べないし歌えない、など気になる点はある。

・ちなみにふたり協力プレイだと、お金やジェムは共通財産です。そのかわり、アーマー値やアンロックした武器も共通して使えます。なので、次にどの武器をアンロックするか、アーマー値を増やすべきかなど、ふたりであれやこれや相談しながらお金を使うことになります。個人的にはそういうやりくりは楽しいのでアリ。お互いに好きな武器は違いますしね。ちなみに私はスナイパーライフル好き、嫁さんはロケットランチャー好きです。

プロールライダーが使えるようになってから一気に化ける

最後に。買ったはいいが、それでも楽しめない!という方はぜひ15ステージくらいまでは粘ってもらいたい。

そして突然だが、進撃の巨人が好きな人は絶対に今作はプレイしてみてもらいたい。

というのも、途中でプロールライダーというPAギアが使えるようになるんですが、これが完全に立体機動なんです。

プロールライダー&近接ブレードという組み合わせにすることで、地球防衛軍もとい調査兵団としても楽しめるというわけです。

これまでもっさりしていた戦闘が一気に様変わりします。移動スピードが格段にあがり、倒した敵の残骸や敵に囲まれて身動きとれずに死んでしまうといったよくあるイライラから解放されます。

プロールライダーに救われたEDF隊員は多いはず。

【総合おすすめ度】 4 
【嫁のおすすめ度】 4 (見てるだけでも楽しい)
【ふたりで楽しめる度】 - (ふたりプレイは不可。でも交代で楽しめる)
【難易度】高め (序盤、空腹と渇きのステータス管理が厳しい)

メタルギア

PS PLUSの特典で無料ダウンロードしたのでお試しプレイ。

かなり面白かったです!

アジトづくり
タワーディフェンス
ゾンビ映画

あたりが好きなら絶対にハマると思います。

いったいどんなゲームなの?

まず、ふたりでのオフライン画面分割プレイはできません。
ですが、ふたりで交代交代にプレイしても楽しいです。
嫁さんと一緒に少しずつストーリーを進めて楽しんでます。

ある程度まで進めて、初めてメタルギアソリッドの系列のゲームなんだと気付きました。
敵に見つかったときの、あの有名な「!」の音でわかりましたね笑

ちなみにメタルギアソリッドとは別ゲーだと思うので、単純に比較することには意味がない気がします。操作性とかはそのままですが。


さて、ざっくりどんなゲームかというと、タイトルの通り生き残ることが目的のゲームです。

ゾンビ的な敵を倒しつつ、ミッションをクリアしていくのはザ・アクションゲームという感じですが、特徴的なのは、空腹と乾きのステータスがあること。

敵から攻撃を受けなくても、どんどんお腹は減るし喉が渇きます。もちろんそのまま飲まず食わずでいるとゲームオーバーです。

さらにシビアなのがスタミナ値もあります。ずっと走り続けたりはできないし、空腹状態だとスタミナの上限値が減り、すぐに疲れて行動に支障がでます。

かなりシビアなシステムになってるので、さすがにこのゲームは人を選ぶかもしれませんね。最初はかなり面倒に感じましたが、だからこそリアルで面白いと個人的には感じました。

というのも、このゲームのもうひとつの特徴として、なんとべース拠点の開発が可能なんですよ!


拠点を開発していくと畑をつくったり、雨水を貯めたりすることができ、資源を確保できるようになります。

拠点レベルがあがると、より強い武器や装備などが作れるようになります。もちろんフェンスやバリケードを配置し、ゾンビ的な敵から防衛する必要があります。

もうこういうアジト要素とかゾンビ映画好きならめちゃテンションあがりますよね。
仲間を増やしていくと、アジトにそれぞれ配置することができます。医療班とか、探索班とか、研究班とか。

例えるなら、「バイオハザード」に「HOW TO SURVIVE ゾンビアイランド」の要素が加わった感じですかね。

正確にいうと敵はゾンビではないですが。

■オフラインとオンラインの違いは?

オフラインは、ストーリーモードですね。モンハンでいう村クエです。

オンラインは、最大4人でマッチして協力プレイできるのですが、オフラインのストーリーモードを一緒に進められるわけではありません。

あくまで、拠点防衛というミニミッションにチャレンジして、クリアすると報酬をもらえるという感じです。まさにモンハンの村クエと集会所をイメージしてもらえれば。

個人的にはまずはオフラインでのシングルプレイを進めるのをおすすめします。

なぜなら、オンラインプレイではかなり良い素材や武器がもらえてしまい、ゲームバランスが崩れるからです。

このゲームの醍醐味は少ない物資を集めてなんとか生き延び、なけなしの武器をつくり敵を倒していくというリアルな世界観だと思います。そうして拠点をつくり、自身を強化し、仲間を集めて反撃の狼煙をあげる。

そういうストーリーを大事にしたほうがどっぷり楽しめるはず。

だいたい25レベルくらいまでオフラインで遊んで、どうしても行き詰まったときはオンラインプレイで素材を集めていくと、飽きずに楽しめると思います。

↑このページのトップヘ