サメブログ ~夫婦・カップルでゲーム趣味のすすめ~

面白かったゲームの感想やレビュー、紹介など。画面分割での協力プレイなどカップルや夫婦ふたりで楽しめるゲームが多めです。      自由にゲームできる暮らしを目指して資産運用中。実績を公開していきます。

カテゴリ:ゲーム感想 > ふたりプレイでおすすめ

待望のボーダーランズ3が9月13日に発売されました!!

もちろん我が家はスーパーデラックス版を事前予約購入。シーズンパスってどんな感じなのか今から楽しみです。
(でも冷静に考えると13000円って高すぎないか笑)

嫁さんとドハマりしたプリシークエル、ボーダーランズ2から「ボーダーランズ3出ないかなー」と待ち望んでいたので本当にわくわくしてました。

というわけで、この三連休は当然ボーダーランズ合宿!すでに30レベルまでやり込んでしまった。

まだ購入してない方向けに、極力ネタバレなしでざっくりの実際にプレイしてみた感想を。

ちなみに私はセイレーンのアマーラ、嫁さんはビーストマスターのフラックを選びました。もちろんほかのキャラで2周目もやると思いますが笑


ボダラン3


【とりあえず3日間やってみての感想は?】


もう最高ですよ!時間を忘れてプレイしてしまいます。

嬉しいのは、前作以前とほぼシステム的な変更はなく、操作性や画面の見やすさが大幅に改善されていること。

特に操作性はめちゃくちゃ良くなってて、かなりヌルヌル動きます。APEXに近い感じかな。そのおかげで敵陣に突っ込んでのヒャッハー!!的な暴れ戦闘がとにかく楽しいです。

というのも、ボーダーランズの敵ってわりと遠くからも撃って当ててくるし、しっかり障害物に隠れて撃ってくるんですよね。なので、敵陣に進もうにも苦労することが多く、前作とかはスナイパーで敵を減らしてからではないと普通に突っ込むと倒されてました。

(ボダランはデスしても近くのポイントから復活し、所持金の1割が減るだけなのでそんなにペナルティありません。死にゲーです笑)

今作は操作性が良く、四方八方から撃たれないように立ち回りさえ意識すれば前線でも弾を避けつつ戦えるようになった印象です。

アマーラでガンガン近接近距離戦闘するのまさにボダラン!って感じで本当に楽しい!

あとはボダランは世界観がカオス(だがそれが醍醐味)なのでけっこう敵が見えにくかったのですが、そこらへんもわりと見やすくなった印象を受けました。

【シリーズ前作からの変更点は?】

操作性など以外では細かい点ですが、

・SDU=武器弾薬やバックパックの上限をあげるのがエリジウムではなくお金に
・エリジウムを使ってスキンなどを変えられる
・宇宙空間ではないので酸素管理なし
・グラインダーはなし
・エレメンタル属性にレディエーション(放射能)が新たに追加。周りの敵にも継続ダメージ効果あり。※もしかしたら前作にもあったかも?あんま属性武器使わないので…
・近接攻撃やスライディングの強化MOD

あたりが追加、変更された点です。
(いまのところは)

あ、スロットは今作も健在です!笑

【画面分割協力プレイ(オフライン)の注意点は?】


さて画面分割プレイですが、かなり気になる問題があります。

ひとりのプレイヤーがキャラクターメニューを開いたりショップメニューを開くと、もうひとりの画面にめちゃくちゃラグが発生します。(画面がカクカクしたり重くなったりする)
※我が家だけかも?情報求む!

なので、戦闘中に気軽にメニューを開けません。戦局に応じてささっと武器を変えるわけにはいかないので、武器選定ミスるとけっこうストレスたまるかもしれません。

とはいえ、先述したように操作性が向上してるので、今作はどんな武器でもわりと撃ちまくっていればゴリ押しでなんとかいける場面も多いので個人的には気になりませんでした。

どんどん銃を拾って、これ微妙だなーとか言いながら自分のお気に入りを探すのがハクスラの醍醐味ですしね。

【協力オンラインプレイはどんな感じ?】
まだオンラインプレイはやっていないので、もう少しやり込んだらまた記事を書きたいと思います!

最近APEXにハマってます。

正直ひとりでやったときは微妙だと思ってたんですが、
嫁さんとふたりで始めてからかなりハマってます。
(PS4を2台買ったので)

やっぱりこういうFPSバトロワはひとりで黙々とやってても飽きちゃうんですよね。
ビールでも飲んで、ボイスチャットをしながらわいわいやるに限ります。

そういう意味でひとつだけAPEXが惜しいと思うのは、
R1ボタン(=いろいろ指示だしができる)が便利すぎて、
ボイスチャットしなくても意思疎通ができちゃうところ

そもそもボイスチャット公開にしている人は少ないとは思いますが、BO4のブラックアウトと比べると、APEXで全然フレンドが増えません。

意思疎通が大事なので、ブラックアウトではわりと公開VCで交流してくれる人がいたんですよね。
惜しいところまでいって、もう一回リベンジいきませんかー?みたいな感じで。

というわけで、ぜひAPEX一緒にやってくれる方はメッセージください。
3人で遊びましょう。


あとシーズン2になってエラーがひどいんですが、
まあこのクオリティのゲームを無料でプレイできるんだから多少は我慢しましょう。

あ、ちなみに噂通り、けっこう民度低い気はしますね。
ひとりで敵陣に突っ込んで、ダウンした瞬間抜けたりは日常茶飯事です笑
(ちなみにダウンした仲間は救助できるし、確キルされても、リスポーンさせることもできる)

【総合おすすめ度】 3 (TPSゲームとしては普通に楽しめる)
【嫁のおすすめ度】 3 (ちょっと爽快感がもの足りないかな?)
【ふたりで楽しめる度】 5 (やはりオフライン画面分割できるのは特筆すべき)
【難易度】やや高め (難易度設定可能なので難しければeasyで)

EDF

購入しました!
「EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN」

やはりEDF隊員たるもの、、、ということで悩んだ末に購入しました。6月10日の時点で、3000円くらいのお手頃価格に下がっているので失敗してもいっか、という気持ちで笑

オフラインでの画面分割、ふたり協力プレイ可能です。
感想としては、嫁さんと一緒に楽しめてます。
ちなみにいまステージ30くらい。

シンプルシリーズの地球防衛軍のナンバリングタイトルとは異なり、外伝的な位置づけ。
結論からいうと、まったく別ゲーと考えたほうがよいと思います。

シリーズとしては、PS3の「EARTH DEFENSE FORCE: INSECT ARMAGEDDON」の続編です。

ではプレイの感想を。

巷では酷評されているが、買うべき?

このゲーム、実はアマゾンのレビューで酷評されています。

悪い声の例を挙げると、
①戦闘に爽快感がなくもっさりしてる
②武器を買うのにいちいちお金が必要で、いろいろな武器を試す楽しさがない

などなど。
確かに地球防衛軍シリーズと比べると見劣りする部分があるのですが、ここらへんはわりと一長一短で、

①全体的に敵が固く、たしかに戦闘の爽快感はないが、だからこそ攻略しがいがあるともいえる。巨大生物や敵ロボットがアサルトライフルフルマガジン撃っても全然倒せない絶望感とかリアルだし、作戦や武器選びを考えてクリアするのは結構楽しい。

②武器やアーマーをいちいち買う必要があるのは大変だが、アーマー集めやウェポン集めの手間がないのは個人的にはアリ。アーマーやウェポン回収のために1ステージが長引きがちだったし、ステージクリア報酬狙いで、速攻ステージをクリアしにいくということも狙えて作業ゲー化しにくい。

といった感じで、地球防衛軍とは別ゲームと思ってプレイすると楽しめるはず。

結論。
個人的な意見として、夫婦やカップルでプレイするのであれば、

決して買って損はない!!
※ただし、3000円という価格帯でなら。さすがに10000円だと釣り合わないかも。

オフラインでふたり協力プレイ(画面分割)できるゲームはそもそも少ないですし、そのなかでは十分楽しめる部類に入ると思います。


地球防衛軍が神ゲーすぎるので、それを期待してプレイするとがっがりするかもしれませんが、TPSのアクションゲームとしては良作といえます。

地球防衛軍シリーズとの大きな違い


というわけで、そもそも比べること自体が不毛なんですが、一応ざっと地球防衛軍のナンバリングタイトルとの違いを挙げると、

・アーマーやウェポンがない。お金や新しい武器はステージクリア報酬で、増える武器はランダム。もちろん高難易度であればあるほど、増える武器のランクも高い。新しい武器をアンロックするには、お金とジェム(敵からもらえるエネルギーみたいなもの)がいる。ジェムは3種類ある。アーマー値を増やすにもお金が必要。

・ウィングダイバーやレンジャーといった兵種がない。が、ほぼ同じような要素はあり、PAギアという装備によって戦闘の兵種を変えられる。つまり兵種ごとの専用武器はなく、どのPAギアでも一度アンロックした武器は使える。もちろんアーマー値も共通。

・キャラメイクが可能。ただし、つくれるパーツはめっちゃ少ない。お気持ち程度。服装やアクセサリーもあり、プレイしていくと増える。

・変更点としては、今作は携行アイテムを出撃時にセットできます。回復アイテムや蘇生アイテム、ハンドグレネード、ビークル、航空支援などはすべてこの枠。PAギアによって携行できるアイテム数は異なる。ただし、これらを使用するとステージクリア時の報酬が減る。(微々たる金額なので個人的には気にならなかった)

・細かい点としては、仲間が何もしない、倒した敵がなかなか消えずに邪魔、叫べないし歌えない、など気になる点はある。

・ちなみにふたり協力プレイだと、お金やジェムは共通財産です。そのかわり、アーマー値やアンロックした武器も共通して使えます。なので、次にどの武器をアンロックするか、アーマー値を増やすべきかなど、ふたりであれやこれや相談しながらお金を使うことになります。個人的にはそういうやりくりは楽しいのでアリ。お互いに好きな武器は違いますしね。ちなみに私はスナイパーライフル好き、嫁さんはロケットランチャー好きです。

プロールライダーが使えるようになってから一気に化ける

最後に。買ったはいいが、それでも楽しめない!という方はぜひ15ステージくらいまでは粘ってもらいたい。

そして突然だが、進撃の巨人が好きな人は絶対に今作はプレイしてみてもらいたい。

というのも、途中でプロールライダーというPAギアが使えるようになるんですが、これが完全に立体機動なんです。

プロールライダー&近接ブレードという組み合わせにすることで、地球防衛軍もとい調査兵団としても楽しめるというわけです。

これまでもっさりしていた戦闘が一気に様変わりします。移動スピードが格段にあがり、倒した敵の残骸や敵に囲まれて身動きとれずに死んでしまうといったよくあるイライラから解放されます。

プロールライダーに救われたEDF隊員は多いはず。

殴り書きです。
今回の大型アプデでめちゃくちゃ楽しみにしていた、50vs50のブラックアウト「GROUND WAR」がいろいろ惜しい感じだったので、

こうしたらもっと面白くなる!

と思う案を勝手に書いてみます。
実現可能性は考慮してません。

なぜかこのモードだけ画面分割プレイができません!アプデ直後は選択できたのですが、いまはプレイ不可になってます。

なぜだ、なぜ画面分割できないんだ泣

groundwar

ざっくりGROUND WARの説明をすると

・2つのチームに分かれて50人対50人で戦うバトロワ
・チームユニットとしてはクワッド(4人)
・最後に残っていたチームの勝ち
・味方への誤射(フレンドファイヤ)はなし
・最後のセーフゾーンの収縮までリスポーンあり
という感じです。

もちろん十分楽しいっちゃ楽しいんですが、大人数でわいわい遊んだり、ネタ的な面白さは置いといて、ゲーム自体の面白さはまだまだ改善の余地があると思うのです。

案その① なにかしらのミッション勝利条件をつくる

そもそもバトロワというゲームの最大の面白さは最後の1人(1チーム)になるまで戦うというところにあるわけです。

今回のGROUND WARのルールだと、正直ドン勝つした!という緊張感も達成感はあまりありません。

なぜなら、いちど崩れた人数不利の均衡はもう絶対に覆せないから。

20-30回プレイしてみましたが、最後に5人vs5人みたいな良い勝負になることは一度もありませんでした。

20人vs5人とかになることがほとんどで、こうなるともう逆転勝利は不可能。

最後の方は隠れたり逃げたりする残りの敵を探すだけの消化試合になります。

そこで、いっそのこと最後に残ったチームが勝利以外の勝利条件をつくるというのはどうでしょうか。

イメージとしては、WW2のWARモードのような感じ。

ただ敵を倒すのではなく、お互いのチームごとに進めるべきミッションがあり、

戦車を護衛せよ
敵の迫撃砲を破壊せよ
弾薬庫を守れ
敵の機密文書(フラッグ)を持ち帰れ
司令官(プレイヤーの誰かにランダムに決まる)を守れ

といったミッションを達成すると勝利する。

人数不利の状況でも、うまく戦略を考えたり、守りを固めたり、奇襲をしかけるといった戦略の幅がでると一気に面白くなるのではないでしょうか。

案その② 両陣地を最初からつくる

もはやバトロワなのか?という感じですが。

せっかくの50vs50なので、最初から陣地に分かれて戦ってもWAR感があって面白いのではないでしょうか。

広大なドミネーション(陣地取り)をするイメージです。

両陣営の境界にはセーフゾーンがあり、そこを越えるとダメージを受ける。最後の収縮でそのセーフゾーンがなくなり、一気に開戦!という流れ。

それまでは装備を整えたり、境界の守りを固めたりする。もちろん境界に近づいた敵はキル可能。

もっといえば、前線の維持なんかができると超面白そう。前線での戦いに勝つと、境界を押し返すことができ、自分の陣地を広げられる。すると、相手の方が早くセーフゾーンがなくなるから勝利しやすくなる、みたいな。

はたまた、完全に守り側と攻め側に分かれて、籠城戦にしてしまっても楽しそうです。

守り側にはレーザーワイヤー、バリケードやメッシュマインが多く支給され、攻め側には装甲車やヘリ、スモークが多く配備されるなど。

攻め側にシャドウブレードを与えて、ヘリから落下傘して内側から隠密キルとかもわくわくしませんか。

最近ガントレットモードを中心にプレイしてましたが、久しぶりに謎解きをやってみたら、やっぱりゾンビは謎解きが面白い!!

今回は嫁さんとふたりでのプライベートマッチでプレイしたのですが、わからないところは攻略動画をみたり、まさにふたり協力プレイという感じ。

ガントレットモードももちろん楽しいですが、やはりCoDのゾンビは謎解きにチャレンジしてこそだな、と改めて感じましたね。

※以下、多少のネタばれを含むのでご注意ください

Dead of the Nightの謎解き

■Dead of the Nightの難易度は?

謎解きの工程自体はそれほど難しくないと思います。

Ⅸのラーの試練やVoyageの天体の謎解きなど、技術的にも難しい、というのはあまりないと思います。

どちらかというと覚えるのが大変という感じ。
ただしっかり覚えてさえしまえば、誰かに1匹残しなどしてもらって落ち着いてやればクリアできると思います。

マップもわかりやすいです。

詰まりやすいポイントもありますが、メインホールなどトレインできる広い場所がいくつかあるので、そこをうまく使えば事故死をかなり避けられます。

一番の難所は、おそらく最後のボス戦でしょう。

嫁さんがロケットランチャー、私がLMGの布陣で挑みました。(もちろんふたりともホムンクルス持ち)

確かラウンドは32ラウンドくらいでしたが、何度か危うい場面がありましたね。

ステークナイフでキングヴァンパイア対策をしてましたが、それでも沸いてくる数がハンパないので、かなり苦戦をすると思います。そのぶん、ボス戦をクリアしたときに達成感もハンパなかったですね。

■Dead of the Nightのおすすめポイントは?

おすすめポイント①
とにかくマップが好き!
洋館というのがベタすぎますがゾンビっぽくて良い。

構造としても、左右対称に部屋があり、中央にメインホールとパックアパンチのある森、という感じで非常に覚えやすいし、プレイしてて楽しいです。

おすすめポイント②
とにかくワンダーウェポンが強い。
使ってて気持ちいいです。

アリスターアナイアレイターという名前もよい。
高ラウンドチャレンジも狙える武器です。
我が家は余裕で50ラウンドまでいけました。

おすすめポイント③
世界観がいきなり中世ヨーロッパの神話風。

これまでのゾンビのキャラではなく、新しい登場人物です。(ちなみにそれぞれモチーフの俳優さんがいるらしい)

敵もオオカミ男、ヴァンパイア、コウモリ男など親しみのある顔ぶれ。
オオカミ男は銀の弾が弱点など、予想もつきやすい。

いままでのCoDゾンビのストーリーやあるあるを知らない人も、Dead of the Nightは楽しめるのではないかと思います。

↑このページのトップヘ