サメブログ ~夫婦・カップルでゲーム趣味のすすめ~

面白かったゲームの感想やレビュー、紹介など。画面分割での協力プレイなどカップルや夫婦ふたりで楽しめるゲームが多めです。      自由にゲームできる暮らしを目指して資産運用中。実績を公開していきます。

カテゴリ:雑談 > ゲームのこと

先日、ついに2台目のPS4を購入してしまいました!!

APEX、モンスターハンターワールドなど、面白いゲームがことごとく画面分割不可なので、これまでは嫁さんとふたりで交代交代でやってましたが、やっぱりふたりで一緒にやりたいよね!ということで勢いで買ってしまいました。

おそらく需要ないと思いますが、
2台のPS4でオンラインプレイする際に注意すべきことをまとめておきます。

PS42大


※プレイするには、もちろんモニターもコントローラーもソフトも2つずついります。出費が…\(^^)/

PSアカウントはひとつのPS4にしかログインできない

1のモニターで画面分割プレイしているときは、1つのPS4に2人分のアカウントを作成していました。

しかし当然のことながら、1つのPS4本体には1つのアカウントしかログインできません。アカウント自体は2つのPS4に設定できます。

つまり、片方のPS4にログインした状態で、もう一方のPS4にログインしようとすると、強制的に元のPS4のアカウントは退出させられます。

まあこの仕様で困ることはあまりないとは思いますが。また画面分割プレイするときはログインし直す必要があるくらいです。

注意すべきは、ゲームのセーブデータは本体に記録されていて、アカウントには紐づいていないこと。新しいPS4にセーブデータを移行するか、PS PLUSに加入してクラウドで保存しておく必要があります。

PS PLUS加入が必要なゲームにはどちらも加入が必要

これは当たり前ですが。
例えば、モンスターワールドなどプレイにPS PLUS加入は必須のゲームは2つのアカウントで加入が必要になります。
※(追記)2人までならPS PLUSひとつのアカウントの購入でモンハンワールドできるとのことです!教えていただいたココさんありがとうございます!

想定外の出費になるのでご注意を。
ちなみにPS PLUSの利用料金が、8月1日から改定されます。

1ヶ月は514円から850円、
3ヶ月は1337円から2150円に値上げされ、
12ヶ月は5143円のまま変わらずです。

けっこうな値上げなので、特に理由がなければ12ヶ月にしておきましょう。
どうせ必要なんですから。

回線速度や通信量には注意

FPSなど回線速度が重要なゲームでは、
自宅の回線状況によってはかなりストレスになる可能性があります。

当然、オンラインプレイするなら回線も2台分使うことになるので、通信量も2倍です。

実際に我が家のWifi通信量をみてみると、きれいに2倍近く増えてます。
特に、アプリケーションのアップデートなども2つ分なので、アプデがきた日は10GBとか普通に超えます。
BO4の大型アプデとかだと20GB以上の日もありました。

そういう日があると通信制限をくらったりします。
最近APEXにハマってるんですが、混雑時間帯になるとひどいラグが発生します。
(もしかしたらAPEXの方の問題かもしれませんが…)

最近オンラインゲームをやってて、

「ゲームやっていると友達増えるなー」

と感じてます。

友達の定義は人によっていろいろあるでしょうが、別にリアルにあったことなくても一緒にゲームで遊べば立派なフレンドです。

この感覚、ゲーム好きなら特に違和感のないのではないでしょうか。

例えば有名なのは、モンハンですね。
完全にコミュニティ化しつつあります。
モンハン出会い厨という言葉があるくらいですからね。

モンハンに限らず好きなゲーム作品がきっかけで結婚した夫婦も意外と多いのでは。
(ちなみに我が家はジョジョ好きがきっかけで仲良くなりました笑)

ダウンロード (1)

昔だと、ゲームといえば家庭用ゲームで1~4人で家に集まってやるものでした。

そしてそのあとソーシャルゲームやオンラインゲームが台頭しました。

ただし、あくまでまだこの頃はゲームの話題は既存のSNSプラットフォームで盛り上がっていた気がします。(ミクシィとかtwitterとか)

フレンドを見つけるのもゲームの掲示板とかで探す必要がありました。

最新のゲームでは、テキストチャットやボイスチャットが主流ですし、いまオンライン中の人と交流できるようなルームが設置されているゲームもあります。

いわゆるバトロワが流行してからは、野良でのマッチや、パーティを募集して遊ぶことがさらに一般化しました。(もはや現代の合コンorスポーツの形ともいえるのでは)

おそらく次に来るSNSの流れは、

Facebook
Instagram
twitter
などの大手SNS


YouTube
tiktok
などの動画系SNS


ゲーム自体がSNSプラットフォーム

となるのではないかと感じます



結婚して2年のゲーマー夫婦が実際に買ってよかったものと、買わなくてよかったものを本音100%で書いていきます。

ダウンロード


買ってよかったもの

■外付けHDD
我が家は500GBのPS4なので、拡張ストレージは必須でした。

「BUFFALO 外付けハードディスク 2TB」を購入しました。

お値段も8000円ほどですし、PS4でも拡張ストレージとして使用できることは確認済みです。

単純にたくさんのゲームを保存できるほかに、アプリケーションをHDDに保存しておくことで本体の容量が空くので、起動やロビー画面が少しサクサクになった印象があります。

もちろん容量の大きいPS4をお持ちの家庭は必要ないです。

■大型テレビ
これは画面分割することが多いゲーマー夫婦にとっては最重要ですね。

我が家は、「シャープ 40V型 液晶テレビ AQUOS LC-40W35-W」を購入しましたが、大きさも画質も十分です。お値段も手ごろなのでおすすめです。

■ヘッドセット(ゲーミングヘッドホン)
2人分のヘッドセットを購入しましたが、これも絶対にあったほうがいいですね。

ふたりでボイスチャットするのに必須ですし、夜中にゲーム音が気になるときなども重宝します。

我が家は、「Tenswall ゲーミングヘッドセット PS4 ヘッドホン」を購入しました。

お値段もひとつ2500円くらいで性能は十分いいですよ。

■コンタクトスプレー
PS4コントローラーってめっちゃ高いですよね。純正は6000円くらいするので多少効きが悪いくらいで買い替えるのも迷います。

そんなときに試したいのがコンタクトスプレーです。

簡単にいえば電気系統の接触を改善してくれるものです。直るかどうかも含めてすべて自己責任なのでリスクはありますが、試してみる価値はあると思います。

実際に我が家でも使ってみましたが、かなりの改善が見られました。

具体的には、勝手に右スティックが入力されてしまう症状があったのですが、コンタクトスプレーでしっかり直りました。

■ソファ
やっぱり足つきソファがあると、夫婦ふたりでゆったり横に座ってゲームができるので良いですよ。テレビと同じ目線になるので疲れにくいです。

我が家はIKEAの「HEMLINGBY ヘムリングビー」というソファを購入しました。

つくりもしっかりしていて、送料込みでも17000円くらいなのでお買い得です。自分で組み立てる手間はありますが、1時間くらいで作れます。


■有線接続可能なWifi

我が家はWifi環境だったのですが、特に外に端末を持って行くことはなかったので、

「WiMAX HOME 01」

という家での使用に特化した電波性能の良い端末に乗り換えました。

有線LANのほうがもちろん安定すると思いますが、やはり工事が面倒ですよね。

こちらは有線接続もでき、PS4の接続環境がすこぶる安定します。これに変えてから、CoDの接続切れがかなり減りました。

もちろんオンラインゲームに適した高性能なLANケーブルを買いましょう。私は、「UGREEN LANケーブル カテゴリー7」を購入しました。

詳しいことはわかりませんが、カテゴリーの数字が高いほうがいいらしいですよ笑

買わなくてもよかったもの

■マイク
ゲーム実況する人以外は必要ないかと。
ヘッドセットのほうが良いと思います。

悲しいかな、我が家ではスタンド付きマイクは完全にお蔵入りしてます。

■PS4の冷却ファンつきスタンド
オーバーヒート防止目的で買いましたが、あまり目立った効果はないように思います。数少ないPS4のUSBポートも取られますし。

稼働音が静かなものを買いましたがそれでもちょっと気になるのと、脆いです。たまたまかもしれませんが、わりとすぐに壊れました。

本当に何十時間も続けてゲームする人には必要かも。PS4本体の寿命を延ばすためにも。

ボーダーランズといえば、
FPS×ハクスラRPGの要素を併せ持ち、
かつオフライン画面分割プレイ可能という、
協力プレイゲームとしては金字塔的な神ゲーです。

そんなボーダーランズですが、
長らく新作は発売されていませんでした。

そんなボーダーランズについに新作の噂が!
3月28日に何らかの発表があるようです。

【追記】
祝!ボーダーランズ3発売決定!!
時期は2019年9月13日頃とのこと。


ボーダーランズ3


ボーダーランズ
ボーダーランズ2
ボーダーランズ プリシークエル

すべての作品をプレイしてますが、
どれも夫婦で最高にハマりました。

FPSといっても、それほどエイムや立ち回りも難しくなく、ガンガン撃てる爽快感があります。
さらにレベルアップ要素があるので、FPSが苦手な人でもプレイしていれば行き詰まることはほぼないはず。

ドロップする武器がランダムだったりガチャ要素があったり、アイテム収集もめちゃくちゃ楽しいんですよね。

発売日が待ち遠しいですね。
我が家は間違いなく予約購入です。

A「今週末、夫婦でテニスやるんですよ」

B「へぇー、夫婦でテニスなんて素敵だね」

A「夫婦一緒にやると良いですよ。もちろんひとりでも楽しいですけど、コミュニケーションのきっかけにもなりますし」


上の会話を「テニス」→「ゲーム」に変えてみるとどうでしょう?
全然成り立つと思うんですよね。

まだまだスポーツや映画鑑賞などに比べ、ゲームが趣味として認められてないと感じます。
夫婦でゲーム趣味のメリットを改めておさらい。

ダウンロード

夫婦でゲーム趣味をもつメリット

・夫婦間のコミュニケーションが劇的に増える
・どんどん新しいゲームがでてくるので趣味が長続きする
・他の趣味にくらべてあまりお金がかからない
・時間、場所を選ばない
・男女差がない

それぞれ詳しくはこちらの記事にまとめてます。

反対にデメリットはこちらにまとめてます。

ちなみにこんな感じ。
・出不精になる、外出が減る
・ハマりすぎて生活リズムが崩れる、睡眠不足になることも
・夫婦、カップルふたりだけの時間だけになりがち
・お互いのゲームの趣味が合わないと辛いかも
・熱くなるとケンカになることも


そして、本題です。
オンラインプレイが主流になった昨今、夫婦でゲームを共通の趣味にもつとさらにメリットがあると実感してます。

オンラインプレイで感じた「夫婦でゲーム趣味」の優位性

■夫婦の形にあった幅広い楽しみ方がある
土日は夫婦でゲームやってるよ、というと、
え、ケンカしないの?
とか
よく飽きないね
とか
言われることがあります。

だいたいこういうことを言う人は初期のドラクエのようなRPGや、格ゲーのような対戦をイメージしているのかもしれません。

いつの時代でゲームの知識止まっているんだよと笑
多分ずっとぷよぷよやっていると思っているわけですよ。

でもオンラインプレイがあれば、例えば、出張や単身赴任で離れていても夫婦一緒にゲームができるわけです。

またマインクラフトのような何でも出来るクリエイティブなゲームもありますから、将来はこどもと一緒にロゴ感覚で遊ぶこともできます。
もちろんニンテンドーSwitchなどワイワイやるのに適したゲームもあります。

最近は、暴力表現やアクション要素がない育成系やほのぼの系ゲームも多いです。
どうぶつの森や牧場物語などが良い例ですね。

このように、それぞれの夫婦の形にあった幅広い楽しみ方があるのがオンラインゲームの良いところだと思います。

■新しい友達ができる可能性がある
バトロワや協力ゲームなど、パーティを組むオンラインゲームをしていると、いわゆる「野良」プレイという、知らない人と一緒にパーティを組んでゲームをすることがあります。
私+嫁さん+知らない人、みたいな感じ。

嫁さんは人見知りなので、さすがに知らない人とボイスチャットをすることはありませんが、ゲーム内でテキストチャットはできるので交流があります。

すると、お互い好きなゲームやっている同士なので結構仲良くなれたりするんですよね。
前作で知り合ったフレンドが、新作でも一緒にプレイすることもあります。

新しくゲーム友達ができることも増えています。
モンハンとかはまさに多い気がしますね。

↑このページのトップヘ